【完工事例】[18.10.20]藤沢市S様邸・雨漏り修繕工事(担当:能登広)

物件データ

建築中レポート

2018年10月20日

外観全景です。

 

南面2階既存外壁撤去 。

南面2階既存外壁撤去。

南面2階既存外壁撤去後。

南面2階既存外壁撤去後、内部透湿防水シートに雨垂れ跡が確認されました。

既存透湿防水シートを剥がすと、防水テープ及び透湿防水シートに隙間があり、下部のコンパネ合板に雨染み跡や釘のサビなどが確認されたため、ここから内部へ浸入したと思われます。

赤丸の部分の防水テープが接着されていないことがわかります。

前写真の反対側です。
サッシ窓に沿って張り付けていると防水テープの接着が甘く、隙間ができています。
この状態では、サイディングより雨が入ると、水が内部へ浸入してしまいます。
(※サイディング内部へ浸入した水は、基本的には透湿防水シートの上を伝い、内部へ浸入することはありませんが、このような隙間があると漏水する恐れがあります。)

バルコニー既存笠木撤去。

バルコニー既存笠木撤去後。
(笠木内部の施工に、問題は見受けられませんでした。)

バルコニー既存笠木と外壁との取り合い部の防水処理に問題は見受けられませんでした。

既存透湿防水シート一部撤去。

既存透湿防水シート一部撤去後。

屋根裏を確認しましたが、屋根よりの漏水などの跡は見受けられませんでした。

屋根裏を確認しましたが、屋根よりの漏水などの跡は見受けられませんでした。

サッシ窓際へ捨てシーリング打ち均し処理。(三方)

サッシ窓際新規両面防水テープ張り付け。(三方)

コンパネ合板端部、両面防水テープ張り付け。

外壁下部、新規水切り板金取り付け後、両面防水テープ張り付けの上、透湿防水シート張り付け。

新規透湿防水シート張り付け後。

新規透湿防水シート張り付け後、サッシ窓際へ捨てシーリング処理。(三方)

新規透湿防水シート張り付け後、サッシ窓際へ捨てシーリング処理。(三方)

新規透湿防水シート張り付け後、サッシ窓際へ捨てシーリング処理。(三方)

新規胴縁木下地張り付け。

新規サイディング目地部、ハットジョイナー(水漏れ防止ジョイナー)取り付け。

バルコニー腰壁入隅部及び笠木取り合い部へ捨てシーリング打ち均し処理後、新規サイディング張り付け。

新規サイディング張り付け。

メーカー:KMEW
商品名:エクセレージ親水14 はまび調14
色:MWベビーアイボリーF    

新規サイディング張り付け。

メーカー:KMEW
商品名:エクセレージ親水14はまび調14
色:MWベビーアイボリーF

新規サイディング目地、新規シーリング用プライマー塗布。

新規サイデイング目地、新規シーリング打ち均し。

施工後。

2018年11月3日

施工後、散水検査。

2018/11/3 8:55~9:55
漏水再現せず

※2018/7/7の散水調査の調査④において、散水時間が約1分の結果から、散水検査を60分としました。

南面2階リビング、散水位置裏をサーモグラフィーで撮影しましたが、変化は見受けられませんでした。

南面1階和室の漏水位置をサーモグラフィーで撮影しましたが、変化は見受けられませんでした。