水切りとは?水切りを取り付ける意味が分かれば、納まりがわかります。

水切りとは?

水切りとは水が流れて壁を伝わらないようにしたり、壁の内側に流れ込んだ水を外に排出したりするためのもので、水の流れを切るという意味があるように思います。

例えば建物で赤い矢印の箇所をよく見かけるのではないかと思います。

こちらは土台水切りといって、土台に水がまわり込まないようにするためのものです。

水の流れを切るための納まりとは?

こちらは私が実際に工事を行った現場の写真です。

黒く見える部分が土台水切り、その上の白地に青いプリントがされているものが透湿防水紙と呼ばれているものです。

透湿防水紙とは内側の湿気を外に排出し外からの水は防ぐというもので、2次防水と呼ばれます。木造建築の場合、外側の外壁やシーリングといった1次防水から水が浸入したとしても、透湿防水紙などの2次防水で建物の内部に水が浸入しないよう、2段階で防水するシステムとなっています。

改めて写真を見てみましょう

もし、何らかの原因で外壁から水が浸入し、黄色い矢印のように水が流れたら…
果たしてこの土台水切りは土台に行く水の流れを切ってくれるでしょうか?

答えは「NO!」です。

本来はこの図の青い矢印のような納まりが望ましく、水切りの上に透湿防水紙をかぶせるように納めることで、黄色い矢印から水が流れてきた場合でも浸入した水を外に排出できると考えます。

残念ながらわりとよく目にする不具合です。